カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

2017冬

奇跡のヘッダ

肉と魚の味噌漬けバナ

HOME > 味噌 > おとっとき

 おとっとき

カテゴリ共通歴史1
おとっときカテゴリ

昔ながらの味や香りを楽しめるお味噌です。
大寒仕込みとはまた違う、啓蟄仕込みならではの
色合いや香りをお楽しみください。

とっておきの味を、ご自宅やご贈答用にいかがですか?


おとっとき説明その1
この味噌は、3月の上旬「啓蟄」に限定して仕込み、一年以上かけてじっくりと熟成させます。徐々に気温が上がっていくこの季節は、味噌の仕込みに適している時期のひとつと言われています。 「啓蟄」というのは、二十四節気のひとつで、3月6日頃をさします。 「啓」とは開くという意味。「蟄」は冬の間、地中に巣籠りしている虫のこと。つまり、啓蟄とは春になって虫たちが目を覚まして動き始めることです。 四季折々の気温に影響され、大事に寝かし込まれたこの味噌は、特有の色合いや香り、照りを持ち合わせます。

おとっとき説明その2
「おとっとき」…というのは、「特別にとりおいたもの」「とっておきのもの」という意味の信州の方言です。 どうも発音が難しく、お客様へはご迷惑をおかけしている商品名かもしれません。ですが、ぜひこの「おとっとき」という私達の気持ちと一緒に、とっておきの味をお試しいただきたいと思います。

おとっとき説明その3
山吹味噌の美味しさを造りだすのに欠かせないものの一つは、酵母菌をはじめとする蔵に住む「微生物」たちです。違う場所で同じ原料と配合割合のお味噌を仕込んでも、山吹味噌と同じ味にはなりません。未だ科学では証明し切れていない、神秘の世界なのです。 そして、こだわった原料、蔵人の経験や技術、絶妙な配合割合、浅間山山麓の気候や水など、全てが揃った時に山吹味噌の美味しさが生まれます。



嬉しいお客様のお声をいただきました!

お味噌汁のだしは、こぶとかつおでとっていましたが、山吹味噌自体が大変おいしいので、だしに頼らずに済み、仕上げにかつおを一つまみ入れ風味付けをしています。
とてもおいしい味噌だと思っています。

愛媛県 下村様


昨日、小包を受け取りました。
夜にお味噌汁を作ろうと家族に具は何がいいか尋ねますと、主人は油揚げと大根の千六本、私はわかめとじゃが芋、子どもはわかめと玉ねぎ。結果、全員一致で「油揚げと玉ねぎとじゃが芋」になりました。この組み合わせに茄子が入りますと、新潟に住んでいた時、子どもたちがキャンプで覚えてきたメニューになります。
大変おいしく、食が進みます。

神奈川県 森本様


嵐山光三郎さんの記事ですっかり「おとっとき」のファンになった私たち家族です。長野方面に年2〜3回仕事で出掛ける主人は、すや久さんに 寄らずにいられないようです。
どうぞこれからも、日本の基本食である味噌を作り続けてください。応援しています。

東京都 S様


私どもでは、東京におりました頃より山吹味噌を使わせてもらっています。朝夕必ず味噌汁をいただき、具も取り替えて美味しく食しています。
おかげさまで主人も91歳、私も81歳になりますが、何とか健康に過ごさせていただいています。娘も小さい頃より山吹味噌で育ちましたので、いまだに他の味噌を食せず、拙宅から持ち帰ります。
お味噌汁だけでなく、きのこ味噌を作ったりして近所の人からも美味しいと喜ばれております。これからもよろしくお願いいたします。

千葉県 森様





商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜7件 (全7件)

このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。

1541

啓蟄仕込 限定品 おとっとき 1kg

1,512円(税込)

購入数
啓蟄仕込 限定品 おとっとき 1kg×2

啓蟄仕込 限定品 おとっとき 1kg×2

2,916円(税込)

購入数
啓蟄仕込 限定品 おとっとき 1kg×3

啓蟄仕込 限定品 おとっとき 1kg×3

4,320円(税込)

購入数
2551

おとっとき 1kg×1 黄金づくり 1kg×1

2,700円(税込)

購入数
2562

おとっとき 1kg×2 黄金づくり 1kg×1

4,212円(税込)

購入数 セット
2561

おとっとき 1kg×1 黄金づくり 1kg×2

3,996円(税込)

購入数 セット
2680

山吹こだわり味噌 1kg×3

4,644円(税込)

購入数 セット

1件〜7件 (全7件)

ページトップへ